安心・安全!微量の薬剤で巣ごと・まるごと退治する、シロアリ駆除の新工法「セントリコン・システム」

シロアリを巣ごと.gif

 

■シロアリの習性を利用した新発想の防除工法

■これまでの対症療法的な施工方法とは全く異なる、シロアリを根本的に退治(駆除)する新工法

シロアリの巣1.jpg
MX-2600FN_20090601_101418_001.jpg

シロアリの巣はこんな感じでコロニーを中心とした組織社会です役割分担がきちっと

決められています

 

■従来のバリア工法■ 

これまでのシロアリ駆除は薬剤を散布することでシロアリを家から守る方法で駆除をして

きました床下に人が潜り防蟻剤を土壌に全面散布し薬剤のバリアによってそれより先に

シロアリが侵入するのを防ぐ防除工法です(バリア工法)

このやり方は巣を駆除するのではなく侵入を防ぐ工法で、薬剤の効力が弱まると再び侵入する

可能性があり、根本的な防除法ではありません。

理由として、地中のコロニー(巣)は温存され、防蟻剤のバリアに隙間ができると再び侵入する

危険性があります。

 ppm0108.gif

そんな従来工法の問題点をクリアしたのが、セントリコン・システムです。

セントリコン・システムはシロアリ駆除の新たな新工法です。

 

■セントリコンシステムとは■ 

 シロアリは新たな餌場を見つけるとフェロモンにより、その餌場に仲間を誘導する習性

あります。セントリコン・システムはこの生態を利用した工法で、シロアリが好むように調整した

薬剤を使用し、つぎつぎと薬剤を摂取させます。

ppm0109.gif

コロニー(巣)のシロアリ全体に薬剤が行きわたることにより、シロアリを巣ごと壊滅させます。

セントリコン・システムはシロアリの活動の調査を基本とした、全く新しい概念に基づく

シロアリ防除で、シロアリの活動が認められない間は薬剤を全く使用せず、また、元々安全な

薬剤を本当に必要な量だけ使う、安全性に最大限配慮した工法です。

 

●建物の外周に3mピッチで地中に埋めたステーションに、ヒットしたシロアリに対し毒餌を

食べさせます。

●ステーションより内側(建物)にシロアリを侵入させません。

 

ヒットしたシロアリには毒餌を持って帰らせることで巣ごと絶滅し、新たなシロアリが

そこで生息しても侵入させません。

 

■メリットいっぱいのセントリコンシステム■

○ 人やペットが薬剤に直接触れることがなく、薬剤使用量もごくわずか(薬剤の有効成分量は

従来工法の100〜300分の1以下) で、安全性が極めて高く、犬や猫などペットがいても安心です。

 ※薬剤は特殊な容器に納めて地面に埋め込まれます。

ppm0111.gif

○ シロアリの早期発見・早期治療のシステムです。 

○ 建物の中へ作業員は入りません。

○ 畳をめくったり、床下点検口を開ける必要はありません。

○ 建物の中はホコリがたつことがなく、汚れません。

○ 施工終了後の薬剤の臭いやアレルギーなどの心配はなく、また、作業中も騒音はありません。

※近隣に住んでる方がアレルギー体質であったり騒音に厳しい方でも問題なく作業できます。

 

○ 作業員が年に少なくても4回は点検にご訪問

※セントリコンは最低1年契約、年4回点検となります)アフターケアも万全です。定期点検の時

にシロアリがみつかれば、その時にはじめて、シロアリの検知されたステーションにだけ

ベイト剤を投与します。

 

○ 建物の外の作業なので点検のときなどご不在でもOKです。

 

 

 

■当社施工例■ 

s-セントリコン-お寺.jpg

 

名古屋市内のA寺院様

セントリコン-1.jpg

@ステーションを埋めるために地面に穴を開けます。

セントリコン-3.jpg

Aソイル・カバーにあたる面をならします。 

セントリコン-5.jpg

Bステーションを地面に設置します。 

 セントリコン-11.jpg

C管理番号を記入し上に土をかぶせて完了です。

 

シロアリのコロニーを壊滅させた後に残った薬剤は回収しますので、環境中に出る薬剤はシロアリによって

シロアリの巣に運ばれた部分だけとなります。

工事行うセントリコンオペレーターはすべて、研修を受け合格をした作業員(セントリコン・テクニカル・マスター)が施工いたします。

 

※セントリコンシステムはレンタル器材となります。(契約終了後に回収いたします。)