toko taitoru.jpg
 
toko heddo.jpg
トコジラミは成虫でも、1cm未満、幼虫は1.5mm程度と非常に小さく、発見が困難です。また、繁殖力が高く、一度繁殖しだすと爆発的に増えるため、早急に駆除する必要があります。また、トコジラミに吸血されても、ダニに刺されたと勘違いするケースも多く、対処が遅れがちになります。被害を出さない為には、お部屋の清掃と共に、専門業者に駆除依頼をする事をおすすめします。
  
toko toha.jpg
  トコジラミ(ナンキンムシ)とは、約5〜8mm程度の小さな害虫で、人間が寝ている間に血を吸います。吸われた箇所は、強いかゆみを伴い、赤く腫れあがります。
  成虫で大きさが5〜8mm、幼虫だと大きさは1.5mm程度ということで、ゴミやホコリと勘違いしてまうこともあります。一度繁殖が始まると急速に増えるので、できるだけ早い段階で駆除を行う必要があります。
  近年大都市でこのトコジラミ(南京虫)による被害がいくつか報告されています。もともと東京オリンピック頃から急速に減少し、日本からはすっかりいなくなっていたのが2000年を過ぎてから徐々に被害が増え続けています。
 toko youtyu.jpgtoko seityu.jpgtoko tamago.jpg
 トコジラミの幼虫。                  トコジラミの成虫。       トコジラミの卵。
大きさは5mm〜8mmほど     大きさは1mm〜1.5 mmほ 大きさは1mmほどで、よほど
で、注意深く見ないと発見は  どで、ゴキブリの幼虫と間違  注意深く見ないと発見は難しい
難しいです。           われる事があります。      です。
  
toko taiou.jpg
 日本におけるトコジラミの被害が増加傾向にあります。トコジラミを見た事の無い方がほとんどで最初はダニか何かに刺されたと勘違いし、発見が遅れるケースが出ています。
 成虫は目視で確認出来ますが、卵や幼虫はよっぽど意識をして観察しないと確認が難しいです。また、非常に平ぺったく、ほんのわずかな隙間でも潜り込み、隠れる事が出来ます。
 トコジラミに吸われたような症状を感じたら、生息していないかチェックしてみて下さい。
toko keppun hasira.jpgtoko keppun sikii.jpg
黒い点々があれば要注意。こ  敷居の隅にも黒い点が
れが血糞です。一見するとシ   ある場合があります。
 ミ、汚れにしか見えません。    トコジラミが生息している証拠です。                                                        
toko risuto.jpg
  
 
toko sanpu.jpg
  トコジラミの隠れ家になりそうな隙間に、薬剤を流し込みます。ベッドのウラ側や脚、マットの縫い目の隙間、ヘッドボードのウラ、家具の木部の接合の隙間などなど………。
  カーペットや、巾木、お部屋のコーナー、捲れた壁紙の隙間などにも、必要に応じて薬剤散布します。また、清掃が必要な場合は、業務用の大型掃除機にて、ゴミやホコリごと、トコジラミを吸引します。
toko sannpu11.jpgtoko sannpu2.jpgtoko sannpu3.jpg
 
toko kansousya.jpg
 トコジラミが多く生息するのは畳、布団、寝具など人の肌が触れやすい場所です。薬剤による駆除には抵抗感がある方も多いと思います。また、近年発生しているスーパーナンキンムシは市販の殺虫剤に耐性があるため、個人で駆除するのは困難です。
 そのような場合、当社は熱乾燥車を使用します。元々はダニ駆除のために行っていた方法で、布団や畳などに高温の熱風をあてて害虫を駆除します。高温で生息するのは難しい、スーパーナンキンムシには熱乾燥が効果的。また、薬剤を使用しないので、薬剤を敬遠されるお客様にも安心です。
netukansyousya.jpgtoko netukansousya.jpgtoko kansyousya in.jpg
 
三共衛研の熱乾燥車。    熱乾燥車にマットを運び      熱乾燥車にベッドとマットを
熱処理する材質に合わ    込む場面です。同時に       セットした状態です。ベッド、
せ、温度や時間を変更    複数の物を熱処理する       マット、畳等、丸ごと熱処理
する事が出来ます。      事が可能です。           する事が可能です。
 
hyouhonn.jpg
 2012年12月にNHKのクローズアップ現代にも話題に取り上げられたトコジラミ。最近ではテレビ・新聞・業界紙でもトコジラミに関する被害の報道がされております。
 トコジラミの被害は年々増加傾向にあります。私たちの生活に近い存在となりつつあります。とは言え、日本では戦後トコジラミを見る機会は愕然と減り、今ではトコジラミを知る人は多くありません。トコジラミの被害が拡大して、痒みに悩まされるようになってからトコジラミだと気付くケースがほとんどです。
 
 そこで三共衛研では業界初トコジラミ実体標本を作成いたしました。
発見しても、トコジラミだと気付くまで時間がかかる事で、被害が拡大します。
まずは、トコジラミとはどんなものなのかを、手に取って見て知ることだと思います。トコジラミを知らない人は、ゴキブリの幼虫と間違えてしまうケースが多いと思われます。トコジラミの標本を見て現場の教育や周知に役立てていただければと思います。
toko hyouhon1.jpgtoko hyouhon3.jpgtoko hyouhon2.jpg

 

標準価格 ¥7500円(税抜)/個

 

【商品詳細】

トコジラミ実体標本

樹脂に包まれた360度観察ができる樹脂標本です。

包まれたトコジラミは本物です。

樹脂標本はトコジラミの 卵 ・ 1齢幼虫 ・ 2齢幼虫 ・ 3齢幼虫 ・ 4齢幼虫 ・ 終齢幼虫 ・ 成虫 

が入っています。

手を汚すことなくトコジラミの観察ができます。

 

学名:  Climex lectularius

別名:  南京虫(なんきんむし)

サイズ: 75×75×15mm

 

【支払詳細】

銀行振込

 

【発送詳細】

ヤマト運輸

 

※ 振込手数料・郵送料はお客様ご負担となります。

 

 

お気軽にご相談ください

0120-88-7439

受付時間 : 9:00〜17:00

土日祝日除く

→フォームからのご相談はこちら

 

pikkuappu.jpg